劇場版『名探偵コナン 紺青の拳』感想【後半ネタバレあり】

劇場版『名探偵コナン 紺青の拳』感想【後半ネタバレあり】

スポンサーリンク

この記事は、別運営ブログから移動させた投稿です。

2019年4月12日(金)公開、劇場版『名探偵コナン 紺青の拳』、初日に観賞してきました。

コナンの映画は劇場版第1作から毎年欠かさず劇場に観に行っているので、もはやこれがないと新年度が始まった気がしません。

昨年までは同日に公開される『クレヨンしんちゃん』の劇場版とハシゴするのが恒例のに、今年は公開日が違う……。
しんちゃんは来週19日(金)公開です。

昨年公開された第22作『ゼロの執行人』が記録的大ヒットだったので、いろいろな意味でドキドキしながら映画館へ……。

後半はネタバレを含む感想になります。

あらすじ

19世紀末に海賊船と共にシンガポール近海に沈んだとされる、世界最大のブルーサファイア”紺青の拳(こんじょうのフィスト)”。
現地の富豪が回収を目論み、表舞台にその姿を現した時、マリーナベイ・サンズ近郊にて殺人事件が発生。
現場には、怪盗キッドの血塗られた予告状が残されていた─。
そしてその頃、シンガポールで開催される空手トーナメントを観戦する為、蘭と園子は現地を訪れていた。

パスポートを持っていないので海外渡航できないコナンは留守番のはずだったが、彼を利用しようとするキッドの奇術的な方法により、強制的にシンガポールへ連れてこられてしまう。
従わなければ日本に帰ることすらできないコナンは、メガネ、腕時計、服などすべて奪われ変装することに。
その正体に気付いていない蘭に名前を聞かれ、とっさに「アーサー・ヒライ」と名乗る。

キッドはある邸宅の地下金庫にブルーサファイアが眠っているという情報を得る。
いとも簡単に侵入成功したと思われたが、危険すぎる罠がキッドを待っていた。
立ちはだかったのは、400戦無敗の最強の空手家・京極真。キッドの命運は……!?
そして、不吉な何かを予兆するかのように、シンガポールの象徴・マーライオンから深紅に染まった水が放出される!

参照:劇場版『名探偵コナン』

『紺青の拳』というタイトルが何となく『紺碧の棺(ジョリー・ロジャー)』に似てるな〜と思っていたけれど、海賊船とか海に沈んだとか、あらすじを読むと真っ先に頭に浮かぶジョリー・ロジャー……。

舞台が海外というのは『コナン』では新鮮な印象。
『ベイカー街の亡霊』では電脳空間のロンドンが舞台だったけれど、実際に海外がメインの舞台になるのは初めてですよね ?

シンガポールの風景は写真や映像でしか知りませんが、エンディングで流れる実写のシンガポールを見ると、本編での街並もかなり忠実に再現されていることがわかりました。
聖地巡礼班はついに海外進出ですね。
私も、シンガポール、行ってみたい……。

過去のキッド出演作

劇場版では、

  • 世紀末の魔術師
  • 銀翼の奇術師(マジシャン)
  • 天空の難破船(ロスト・シップ)
  • 業火の向日葵

が主な出演作品です。

こうして並べてみると4分の2ですが、銀翼の奇術師と天空の難破船で空が舞台の作品が続いていたからか、キッドと言えば空飛ぶ話 ! みたいなイメージがありました。

今作はシンガポールが舞台ということで、「空」の話ではありませんが、きっとキッドは今回も大空を飛び回っていることでしょう。

原作でのキッドVS京極真

今作で大きく取り上げられているキッド vs 京極真の戦い、2人の初対決が原作コミックス82巻に収録されています。

内容は、園子と宝石を巡ってキッドと京極がうんたらかんたら……。

京極真が蘭をも超える空手の達人だということはこの話以前から描かれていましたが、この話では、京極さんバケモノだったんや……ということが確認できます。

今作と直接的な繋がりはありませんが、映画を観る前でも観たあとでもぜひ読んでほしい話です。

主題歌『BLUE SAPPHIRE』

劇場版コナンの主題歌といえば真っ先に思い浮かぶのはB’zと倉木麻衣さんですが、今年の主題歌はいつものコナンとちょっと違う雰囲気……かっこよかったです。

歌われているのはHIROOMI TOSAKA(登坂広臣)さん。三代目J SOUL BROTHERSの方だそうで。
(二次元オタクなので三次元のことはよく知らん)

デジタル配信版を購入しました !

感想

以下、ネタバレを含む感想です。


 

タイトルとあらすじから、ジョリー・ロジャーのような「宝を巡って海賊とバトル!」みたいな話も想像していたけれど、蓋を開けてみれば、海賊感はほとんどありませんでした。
(そもそもジョリー・ロジャーでも宝を巡って争った相手は海賊じゃなかったけど……)

予告で大々的に宣伝されていた“ キッド vs 京極真 ”も、「あれ ? これだけ……? 」と思ってしまうくらいにあっさりしていて、正直少し拍子抜けしてしまいました。
てっきり最終局面の見せ場にその展開が来るのかと思っていたから……。

時系列は修学旅行のあとなので、蘭と新一は付き合っています。
園子と京極カップルも一緒に、しばしダブルデートな場面も。

父親同伴でデートとは、幼馴染ならではだろうか。私だったら絶対無理……。

今作は京極真がメインに取り上げられて見せ場も多かったけれど、他のキャラにもそれぞれ見せ場が用意されていました。

久しぶりの小五郎の一本背負いも見られます。

 

恒例の阿笠博士クイズもちゃんとありました。
めずらしく、知ってたらいつかためになるかもしれないご当地クイズかと思ったけど、結局ただのダジャレ……(笑)
少年探偵団も、短いシーンでしたがわいわい賑やかに出番がありました。

 

哀ちゃんも相変わらず、コナンの依頼に応えていろいろ調べものをしてくれる。
この相棒感が良い……。

そういえば、初めてコナンが哀ちゃんを“ 相棒 ”と呼んだのもジョリー・ロジャーのときでしたね。

爆発芸

劇場版コナンといったら、そういう義務でもあるのかと心配になるくらい毎回どこかしら爆破されて崩壊してます。
派手なときは、冒頭で爆発して、ラストでもまた爆発。

今回、冒頭でいきなりマリーナベイが登場したので、まさかシンガポールさんの有名な観光地様を爆破するようなことはあるまいな……? と内心ヒヤヒヤしていました。

 

序盤、やっぱり爆発 !!!

 

あれ ? でも意外とそんな大ごとな感じになってない……?

いささか物足りなさを感じつつも、崩壊を免れたことに安堵していました。

 

ラスト、マリーナベイ崩壊……。

 

やっぱり爆発して崩れた……。

建物の上の船の部分、悲惨なことに……。

 

ま〜た爆発か〜と思うところもたしかにあるけれど、爆発しなきゃしないで「今回なんか地味だったな」と思うに違いないので、来年は何を爆破させてくれるのか今から楽しみです。

京極さん

空手の公式戦で400戦無敗を誇る蹴撃の貴公子・京極真がメインに据えられているだけあって、コナン作品の中では比較的アクションシーンが多く、普段アニメで観るよりも当然ながら気合いの入った描写が多かった印象です。
空手大会の試合や街中での乱闘も迫力があったし、キッドの逃亡劇もいつもよりキレッキレでした。

京極さんはおそらくコナン界最強の男でしょうね。
黒ずくめの組織がライフルで狙ってきても京極さんなら片手で弾を全部受け止められるに違いありません。

ですが、ただ強いだけでなく、高校生らしい心の揺らぎも垣間見え、そこが今作の見所の1つだと思います。

 

京極を邪魔に思う人物から悪魔の囁きを受けます。

「何のために拳を振るうのか。それがないまま戦うと、まわりの人間を不幸にする」と。

 

その後、乱闘や交通事故に園子が巻き込まれ、落ち込んだところを敵につけいられてしまいます。

腕にミサンガをつけられ、「心技体が完成したときこれは切れる。切れる前に拳を振るうと……わかるよね ? 」と……いまどき小学生でも真に受けないだろうなということを言われ、素直に戦うのをやめてしまう。

園子にもかっこ悪いところを見せまいと隠し事をするせいで、ギクシャクしてしまう。

 

そんな中、爆破事件が起こり、さらには園子の身を攫おうとする輩が押し寄せてきて、園子を抱えたまま決して拳は振るわず護り逃げ、とうとう追い詰められ……。

 

きっと、乱戦の中でミサンガが切れて京極復活 ! となるんだろうなと思っていましたが、キッドが最後の1枚のトランプでミサンガを切るとは……かなり胸が熱い展開でした。

 

そして、最後の強敵との一騎打ちで、京極真は覚醒。
あそこだけコナンからド◯ゴンボールになったかと一瞬錯覚を……(笑)

映画館のまわりの人たちが静かに見守っていたから私も静かにしていたけど、心の中で大爆笑&大喝采なシーンでした。

アーサー・ヒライ

今作、コナンくんは建前上は日本でお留守番していることになっているので、シンガポールで推理してる少年は「アーサー・ヒライ」くんです。

「アーサー」が「アーサー・コナン・ドイル」からきていることはわかりましたが、「ヒライ」は…… ? と思っていたら、江戸川乱歩の本名「平井太郎」から取ったのだと作中でコナンくんが教えてくれました。

 

キッドに無理やり連れて来られたところを蘭たちに見つかり、蘭に名前を聞かれとっさに……の展開がまさに江戸川コナン誕生の瞬間を彷彿とさせ、懐かしさで思わずうるっとしてしまいました……。

 

それにしても、新一→コナンの変化は気付かなくても仕方ないけど、コナン→アーサーに気が付かないとは鈍すぎにも程があるぞ蘭ねえちゃん !

 

アーサーくん、今作ではほぼキッド扮する新一と行動を共にしています。

劇場版キッド回では、コナンとキッドの共闘はもはやお決まりのパターンになっていますね。
2人がそれぞれの領分で協力し合う展開も好きだけど、たまには本気のコナン vs キッドなストーリーを劇場で観たいな……なんて思ったり。

ゲスト声優さん

劇場版コナンでは毎回スペシャルゲストとしてタレントさんがキャラクターの声を演じてくださっています。

 

私はタレントさんのゲスト声優については「役に合ってればオッケー ! 派」です。

今作のゲストの1人、山崎育三郎さんはとてもお上手な演技だと感じました。
観賞が終わってから「そういえばゲストさん誰役で出てたの ? 」と調べて、初めて「このキャラの声ゲストだったんだ……」と。

もう1人の河北麻友子さんは、日本語のセリフは、「あ、ゲストさんだ」と……。
ですが、英語のセリフはとっっってもお上手でした !!
最初、英語のセリフがあまりにも綺麗で、外国人のタレントさんが声をあてているモブキャラだと勘違いしてしまった。

 

そして、事前にキャスト情報を見ていなかったので本編を観て「おっ ??」と思ったのが、声優・梶裕貴さんの出演。
モブ顔なのに、梶さんの声がついているだけで重要なキャラだとわかってしまったよ。モブ顔なのに……。

蘭ねえちゃんの推理

アーサーくんのくだりで「蘭ねえちゃん鈍すぎぃ ! 」と呆れてましたが、さすが名探偵の彼女。
エンディング後、鋭い推理が披露されました。

そういえばそうだな !! と。
良いオチでした。

2020年の劇場版は……

劇場版が始まって最初に2〜3年くらいまでは、エンディングの途中で帰ってしまう方をちらほら見かけましたが、今はもうそこで帰る人は1人もいませんね。
ちゃんとエンディング後の1シーンと、来年の予告まで見届けるのがコナンファンの習わし(?)です。

 

そして今年も、2020年GW劇場版次回作の公開が発表されました !

来年は赤井さんのターン !

来年も春には原作やアニメはどこまで進んでいるでしょうか。
原作ではついに黒ずくめの組織に大きく近づいてきているので、来年の映画はもしかしたら赤井と黒ずくめの組織絡みのストーリーが見られるかもしれません。

私の『コナン』の2大推しキャラ、哀ちゃん&世良ちゃんも出番がたくさんあるのではないかと、期待特大 !!!

(来年は、しんちゃんと同じ日に公開してください)

スポンサーリンク

コメントを残す

メニューを閉じる